RECOMMEND
Clifford the Big Red Dog: Phonics Fun Reading Program (Clifford)
Clifford the Big Red Dog: Phonics Fun Reading Program (Clifford) (JUGEMレビュー »)
Scholastic
バンクーバーのTVで初めて見てから、このお話のファンになりました。とってもキュート☆(日本で放送したらメイシーと同じぐらいうけると思うなぁ。)
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
<< トルコ航空 | main | ごぶさた中です・・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
今回、お金の両替は日本で行うことができなかったので
トルコに入ってから両替した。

空港で、ひと悶着があったけど
そのときは、残ってたドルを交換しただけだったので
ギョレメ博物館でも両替
(って、私じゃなくて相方がだけど)

そこで、ちょっと暇をしていたのか、
郵便局のおじさんが
”お茶でもしていくかーい?”
と声をかけてきた。
ホテルから歩いて博物館に行ってたし
博物館の中もウロウロ歩いて
すでに喉が渇いていた私は
このラッキな申し出を即受け♪
相方の意見は、まったく聞いてない。
(だってトルコチャイは名物だしさ・・・)

郵便局のカウンターの中で、チャイを頂く。
これが、トルコでの最初のチャイ。

濃い紅茶、でも香りはしない。赤いお茶って感じかな?
地元の人は、角砂糖を入れて飲むから紅茶に近い。

お茶をいれてくれたかと思ったら、
ナッツを食べろーと出してくれた。

殻をむいて、口にほおってくる。
手に、のせてくれる。

何種類かあったんだけど、1個めちゃ美味しいのがあった。
*日本では、あまりナッツ専門店を見ないけど
海外に行くと、たいがいあるのがナッツ屋。なぜ?

私たちがお茶をしている間にも、切手を買いに来る人がいたり
両替をしにくる人いたり。

また事務所のなかに大きな鶴があって
前にも日本人がお茶をしていったんだーって話もしてくれた。

お茶を3杯ほどいただき
(のみすぎ!!だって、空になるとどんどん注いでくれるんだもん)

お茶のお礼に、
日本から持ってきてた
キャラメルとガム&(やっぱり)おりがみの鶴をお礼に渡したんだけど

ラマザン(断食)中だった!!汗)

彼も、苦笑い。
私たちも、苦笑い。

でも、夜になったら食べるよと言ってくれて
ありがとう。じゃあねーで次の目的地へ

おっちゃん、美味しいチャイありがとう☆
| 番外編:トルコ | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:07 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://canada-memo.jugem.jp/trackback/554
トラックバック